スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺の屍を超えてゆけ日記第一話

  • 2011/11/12(土) 00:43:48

さてどうもどうもお久しぶりです俺です。
すっかり寒くなってきた今日この頃いかがお過ごしでしょうか?
俺の屍を超えてゆけリメイクが発売されましたね。
ブログのネタにちょうどいいのでプレイ日記でも書きたいと思います。

長くなるかと思うので追記にしとくよ。
読みたい奇特な人はどうぞ。

注:本名ではない
風魔家 秘聞録
初代当主風魔 蠍は朱点童子に種絶の呪いと短命の呪いをかけられた。
だがそこは主人公補正とでも言うべきか神様が助けてくれたわけだ。
神様も本当は思惑があるんだけどこれはネタバレなので秘である。
とにもかくにも神様と交神することで子を残すことが出来るようになった。

そしてすくすく育った初代当主とその娘壱花はとりあえず討伐に出たわけだ。
だが敵もそう簡単に倒れちゃくれないしアイテムも落としちゃくれない。
千里の道も一歩からっちゅうことで少しずつ巻物と神様を解放していく風魔家。
子と共に歩んでいく毎日が続くかと思われた矢先に不幸は舞い降りたのである。
短命の呪いが確実に当主の体を蝕んでいた。
一部事情通の情報によると倒れる寸前まで淫行に走っていたという噂もあるが謎である。

そんな初代当主も一歳六ヶ月の儚い命であった。
だが残した子達が朱点を倒してくれる、そんな思いを遺言に託して眠りについた。
当主の悲願を果たす為娘の壱花が初代当主蠍の名前を継ぐことになった。
こうして代々当主は蠍という名前を引き継ぐことになるのである。
この一族が朱点を倒せるかどうかはまだわからない。
続く…かもしれない。

色々進めてから書き始めたのでうろ覚えなところがあるのは申し訳ない。
風魔家1
これが現在の風魔家です。
私的メモ
薙刀士 壱花 日課草むしり
弓使い 愛花 趣味たき火
薙刀士 優花 風評:馬鹿正直
剣士  一太郎 愛称:両替屋

クリアできるといいな!

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。